在宅訪問治療辰巳針灸院
  当院詳細 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記 針灸Q&A リンク  
針灸の適応疾患は?

パーキンソン病

顔面神経麻痺
坐骨神経痛
腰痛
頭痛
膝痛
むちうち
 
 
腰痛
その腰痛、まだ我慢しますか?
辰巳針灸院院長の寺野哲也です。すでにご経験済みで知っておられる方も多いでしょうが、整形外科病院や整骨院では、ぎっくり腰や慢性腰痛を治療するのは大変困難です。ぎっくり腰や腰痛を我慢しながら無駄なレントゲン撮影をした挙句に痛み止めのシップ薬、注射、電気治療を行っても、ぎっくり腰や腰痛を軽減する効果は少ないと言わざるをえません。ぎっくり腰や慢性腰痛の原因となる筋肉に届いていないからです。マッサージや整体などは、ぎっくり腰や腰痛の炎症部を擦って余計に悪化させる恐れがあります。最後には、「ぎっくり腰は、日にちがたてば自然に治るでしょう。」と言われてお終いです。最初から、ぎっくり腰と慢性腰痛の改善のために、無駄な時間と労力をかけるべきではありません。

よく言われるように、ぎっくり腰や慢性腰痛を改善するには、ぎっくり腰や慢性腰痛の原因を知り尽くした伝統の針灸療法が最も適しています。

ぎっくり腰には針灸が一番の早道です

●ぎっくり腰を即改善!
ぎっくり腰は、普段から猫背姿勢の人に多く見られます。姿勢の悪さが、背骨を支える筋肉を普段から緊張させます。腰を伸ばす働きのある大腰筋や腸骨筋が固まって縮み、さらに、立った姿勢を保持する脊柱起立筋と腰方形筋や背骨に張り付くように付着している多裂筋が弾力を失います。また、大抵太ももの裏側にある大腿二頭筋が収縮性を失い硬くなっています。そのために、背骨の動きが悪くなり体全体が硬くなります。そのような状態で無理な姿勢を続けたり、重いものを持ったり、くしゃみをしたりするなどの外部刺激が加わると、背骨に歪みが生じるためにぎっくり腰は起こるのです。

また、仕事で座ったり立ったりを繰り返す人や自動車の運転をする機会の多い人は、お尻や太ももまた、わき腹、腹部の筋肉を酷使しているため、これらの筋肉の疲労が蓄積してぎっくり腰につながります。

針灸治療では、ぎっくり腰の原因である筋肉の緊張を緩めた上で、背骨の歪みを矯正し無理なくぎっくり腰を改善します。ぎっくり腰の根本原因である骨格の歪みと筋肉のコリを改善すれば急速にぎっくり腰は回復します。ぎっくり腰に最も適応する針灸療法がぎっくり腰の再発も防止します。

もう一つのぎっくり腰の原因として、胃腸機能の衰弱が挙げられます。ストレスなどの要因で自律神経のバランスが崩れると胃腸機能をコントロールする神経が異常興奮を起こし、対応する腹部や腰部の筋肉群も緊張状態になります。これがぎっくり腰を引き起こすのです。年に何回かぎっくり腰を繰り返すような人は、胃腸機能の衰弱が考えられます。

胃腸機能の衰弱が原因のぎっくり腰の人には、腹筋群へのツボ針灸治療が改善をもたらします。胃腸機能の回復と、緊張している腹筋群の筋肉を緩めることを同時に行うことができ、ぎっくり腰の根本原因を除去できます。

近年、ぎっくり腰の原因として注目されているのが、骨盤の歪みとずれです。荷物を前屈しながら持ち上げ、その状態から体を後ろに軽く捻る動作をすると骨盤が歪みとずれが悪化することがあります。骨盤が歪むと、骨盤の仙腸関節から腰の筋肉が引き伸ばされ痛みを発生します。これが、ぎっくり腰の原因となります。引き伸ばされた筋肉に針灸施術を行い鎮痛させた後に、筋肉と骨盤を矯正しぎっくり腰の原因を取り除きます。

ぎっくり腰を東洋医学的観点から診ると、背中から腰を通る膀胱経と督脈経という気の流れの経路が、寒邪や風邪(フウジャ)に侵され詰まってしまった状態といえます。経絡の詰まりが要因のぎっくり腰には、膀胱経のツボで膝裏にある委中や、督脈経のツボで頭頂部にある百会に針を刺入し気の流れを回復させます。仰向けの姿勢でも施術できるので、背中を向けることが出来ない重度のぎっくり腰の患者さんの回復をサポートできます。

針灸施術後には、ぎっくり腰のタイプに合わせたテーピング固定を行い、帰宅後もぎっくり腰の改善を継続させます。

このようにぎっくり腰と一口に言いましても、その原因は様々です。原因に沿ったぎっくり腰施術を行わないと逆効果になります。ぎっくり腰の発症初期段階で痛む患部をもんだり、伸ばしたりするストレッチや背骨をバキバキするような整体は御法度です。また、電気を当てたり湿布を貼るだけというのも、ぎっくり腰に対してあまり意味がありません。ぎっくり腰には、針灸が確実な施術法になります。

ぎっくり腰を放置しておくとぎっくり腰が癖になります。早めの改善が肝心です。ぎっくり腰のために立って歩くことすらままならず、うずくまってぎっくり腰の強烈な痛みを我慢しているあなたからの連絡をお待ちしております。私、辰巳針灸院院長の寺野哲也本人が、責任を持ってぎっくり腰を改善する針灸施術に当たらせてもらいます。通話料無料рO120−498−706までいますぐ!

ぎっくり腰で苦しむあなたの家まで参上します。訪問範囲は、京都駅より自動車で片道40分程度の北区、右京区、左京区、西京区、上京区、中京区、下京区、東山区、南区、伏見区、山科区、宇治市、長岡京市、久世郡久御山町、です。受付時間夜10時まで、土曜日、祝日も往診しております。治療費は、一回につき5500円になります。

慢性腰痛の悩みを針灸が解消!

●慢性腰痛の本当の原因とは…
慢性腰痛でお悩みのあなたは、今まで色々な腰痛治療を試されたと思います。シップ薬や塗り薬は、一時凌ぎにしかならないことは経験済みでしょう。シップ薬や塗り薬は、交感神経を興奮させ血液の流れを悪くする働きがあります。そのために、これらの薬を常用していると腰の血行が次第に悪くなり腰痛が更に悪化してしまうのです。マッサージできつめに揉んでもらったり、電気を腰にあててもらっても、その時は気持ちいいのですが、施術が終わると間もなく腰痛がぶり返してくるなどということはよく経験されているのではないでしょうか。きつめに揉んでもらったら、翌日揉みかえしがきて返って腰痛が更に悪くなったなんて経験ありませんか。なぜこのような事が起こるのでしょうか?

実は、慢性腰痛の真の原因は、脊柱起立筋の更に奥の方にある「大腰筋」「腰方形筋」「腸骨筋」の三つの筋肉のコリや、腰の筋肉だけでなく臀部の筋肉や骨盤の歪みも腰痛に関係してくるからなのです。きつめのマッサージや強刺激の電気を行っても体の表面の筋肉ばかり緩め、これらの筋肉には全く効果がありません。そのために体の表面と深部の筋肉がアンバランスをおこし揉み返しがおこるのです。

そんな、体の深部のこりが原因の慢性腰痛に効果的な治療法があるのでしょうか?あります!それが辰巳針灸院の針灸施術なのです!

慢性腰痛の原因に直接アタック

●慢性腰痛と大腰筋
大腰筋は、背骨の奥、体の中心にあって体を屈曲させたり股関節を上げたりする働きがあります。腰痛が慢性化している人は、概ねこの大腰筋がコチコチに固まっているのですが、手の届かない、体の奥の方にあるため適切なケアをする事が出来ず、知らない間に腰痛が慢性化してしまうのです。このまま腰痛を放っておくと、大腰筋が固まって縮んでゆき、最終的には、腰が二つに折れ曲がって元に戻らなくなります。

そして、大腰筋の傍には坐骨神経が通っているため、腰痛が悪化して大腰筋が凝り固まると、坐骨神経を圧迫し、お尻から足の方にかけてシビレが出る坐骨神経痛症状が出ます。大腰筋が原因の坐骨神経痛になると、足腰のシビレのため普通に歩くのも負担になります。椎間板ヘルニアが原因と言われている下半身のシビレも、多くは大腰筋の固縮が坐骨神経を圧迫していることが原因なのです。

辰巳針灸院の腰痛治療では、長針を使い、大腰筋にまで針灸施術を行い大腰筋の硬結をほぐし腰痛を解消します。大腰筋にまで針灸施術を行うためには、熟練した技術と詳細な解剖の知識を必要とします。針灸師であれば誰でも出来るというものでありません。

大腰筋に針が届くと、ズーンというなんともいえない重く響くような感覚が腰全体に発生します。これは、針が神経を伝わる痛みの電気信号を針の方へ誘導する避雷針のような働きを行い、痛みが神経を伝わるのを防ぐために起こる現象なのです。次第に気持ちのいい感覚に変わっていき、大腰筋の緊張がほぐれていき、腰痛が解消するのをを実感されるでしょう。臀部の筋肉のコリも確実に探索して針灸施術を行い、コリをほぐし腰痛を鎮めます。

●慢性腰痛の原因となる筋肉と針灸療法
腰痛を訴えて来られる患者さんに、実はお尻の筋肉が凝り固まって痛みを発症されている方が多く見受けられます。臀部の横側にある中臀筋や小臀筋が痛むと、その関連痛が腰の方にまで拡大するために腰痛として感じられるのですが、腰痛検査などで見落とされることも多いので注意が必要になります。

腰方形筋は、背骨の骨から腰の側面に張り付くようにある筋肉で腰を横側に曲げるときに働きます。ゴルフや野球のスイング動作が腰方形筋を酷使するために、ゴルフプレイヤーや野球選手の腰痛の原因になる筋肉なのです。腰方形筋も体の深部にあり、また薄い筋肉なのでマッサージなどの刺激が届きにくいのです。辰巳針灸院では腰の側部から針灸施術を行い、的確に腰方形筋を捕らえ、腰方形筋を緩め腰痛を治療していきます。

腸骨筋は、お尻を形作る骨盤の裏側に張り付いており、物理的にマッサージの刺激が届かない位置にあります。この筋肉のコリは、骨盤の骨格をゆがませる基になり、体全体の姿勢を狂わせ、どこに治療に行っても良くならない腰痛の原因になります。また、腸骨筋が原因の腰痛は、太ももから足にかけて痛みが放散するために椎間板ヘルニアと間違われたりします。辰巳針灸院の刺法では、骨盤の横側から骨に沿わせて針を刺入していきます。この針灸施術だけが的確に腸骨筋を捕らえ、腸骨筋が原因の腰痛を治療することが出来る唯一の方法となります。

●慢性腰痛と骨格の歪み
また、腰痛の大きな原因として骨盤の歪みが挙げられます。骨盤は、臀部を支え、体の中心部にあって上半身の重さを下半身に分散する働きや、歩行運動の動きをコントロールする働きがあります。骨盤に歪みが出ると、体の中心軸がぶれる為に、体全体の骨格も歪みます。

大腰筋が固縮を起こすと、骨盤は、上方にずれ上がります。また、中小臀筋が固縮を起こすと骨盤は開いてしまいます。そして、大腿筋膜張筋に異常があると骨盤は、前に傾きます。骨盤の歪みは、最初にお尻の痛みとなって現われ、次第に腰痛として感じるようになります。当院では、骨盤の歪みに対して、原因となっている筋肉の固縮を針灸療法で取り去ることで骨盤の歪みを矯正し、骨盤由来の腰痛を改善します。

●慢性腰痛と腸腰靭帯
長期間、慢性腰痛を患っている人は、腸腰靭帯が硬化して腰痛の原因になっています。腸腰靭帯は骨盤と腰椎をつなげる靭帯です。骨盤と腰椎の接合部は、非常に不安定な状態にあります。これをつなげているのが腸腰靭帯です。腰痛で筋肉や骨が悪化し、腰が不安定になると最終的に腰を支える役割を果たすのが腸腰靭帯になります。腰痛が悪化し腸腰靭帯に過度な負担がかかると腸腰靭帯から弾力が失われ硬化します。前屈や後屈をして、限界まで曲がる直前で痛みが出るのは、腸腰靭帯の痛みです。

当院の針灸では、マッサージや整体では届きにくい腸腰靭帯に針灸施術を行い、硬化した腸腰靭帯の緊張を緩めます。どこに行っても治らなかった腰痛の原因は、腸腰靭帯の可能性が大きいのです。筋肉や骨だけが腰痛の原因ではありません。腰痛の原因として見過ごされてきた腸腰靭帯に焦点を当て、的確に針灸施術を行っているのは当院だけです。ぜひ一度、当院の針灸施術をご検討ください。

●慢性腰痛と仙腸関節炎
椅子に座ると腰が痛む、立つと楽になるという腰痛症状のある人は、仙腸関節炎の可能性が有ります。長時間、座る姿勢でいることの多い人が患いやすい腰痛です。仙腸関節は、骨盤の中心に位置し背骨を支える役割が有ります。そのため重量が掛り傷めやすいのです。当院の針灸施術は、仙腸関節の緩みを取り仙腸関節炎による腰痛を改善します。なお、女性で生理のたび腰痛になる人も仙腸関節炎の可能性が有ります。生理により全身の靭帯が緩むため、仙腸関節の繋ぎ目も連動して緩むためです。

●慢性腰痛と自律神経
最近、腰痛の原因として注目されているのが、自律神経失調症症状としての腰痛です。自律神経は、脳の視床下部に中枢があり、背骨から各内蔵につながります。そして、人が寝静まった後も無意識のうちに内臓や血管をなど、各器官に脳からの指令や情報を伝え調整しています。視床下部は、ホルモン分泌の中枢でもあるために、ホルモンの分泌に異常が現われると自律神経も悪影響を受けます。また、視床下部の周辺には、感情を司る大脳辺縁系があり、ストレスや不安感による感情の変化も自律神経を介して各器官に伝わります。

その結果、自律神経の分布部位である背中や腰にある各器官の働きが低下し、血流も悪くなるために腰痛が誘発されるのです。辰巳針灸院では、自律神経に作用するツボに針灸施術を行うことで自律神経の調整を行い腰痛を鎮めます。

●腰痛と手術痕跡の痛み
一般には知られていませんが、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで腰部の手術をした後、その手術痕跡が皮膚の弾力性を失わせるために腰痛になることがあります。

針灸施術で皮膚の弾力性を回復させ、テーピングで弾力性を保存することで手術痕跡が原因の腰痛も改善させます。

今度はあなたが針灸の改善力を実感する番です

腰痛の針灸療法を受けられた方々からの喜びの声の一部をお届けします。

「初めて針灸をしてもらった時は本当にドキドキで怖かったのですが、先生が面白くて優しくしてくれたので安心して任せることができました。私の場合は、だいぶ腰痛が悪かったのですが3、4回目ぐらい針灸治療を受けてから腰痛が無くなってきて、5、6回目になると、最初の腰痛が嘘のように感じなくなりました。針灸に出会えてよかったと思います。」(S・Mさん 21歳 女性 京都市)

「最初に針を刺すことで、どれほど腰痛のコリが取れるかという好奇心からお願いしました。二十歳のころから腰痛に悩んでいて通院やマッサージを定期的に行っていました。針を刺してもらう時は痛みもなく、とてもリラックスして受けることができました。マッサージとは違いとても体が軽くなった感じで夜もぐっすり眠れました。針灸を受けてみて良かったと思いました。」 (O・Y様 男性 23歳 京都市)

「私は、ひどい肩こりと腰痛に悩まされていました。しかし辰巳針灸院で針灸を受けてからは、体が軽くなり、毎日を快適に過ごせています。針灸を受けるに当たって、初めは不安もありましたが寺野先生のトークでリラックして受けることができました。今は、針灸の奥深さを実感しています。」 (T・T様 男性 京都市)

「レジという仕事柄、立ちっぱなしということが多く慢性的な腰痛に苦しんでおりました。最初、針は怖かったのですが、思いきって受けてみることにしました。初めて針を刺された時は、重だるいようなビリッとした感覚がしましたが、次第に筋肉がゆるんでくるのを感じられました。針を受けた後は、大変すっきりとして腰痛も随分楽になりました。これからも、腰痛になったときはお世話になろうと思っています。」 (N様 男性 京都市)

様々な原因でおこる腰痛や対して、当院では、的確に腰痛の原因を解明し、その原因に沿った腰痛療法を施します。何をしても腰痛がよくならずお悩みのあなた、今すぐお電話を!あなたの決断が腰痛解消の第一歩になるのです。私、辰巳針灸院院長の寺野哲也本人が、責任を持って腰痛を改善する針灸施術に当たらせてもらいます。通話料無料TEL0120−498−706番までお待ちしております。夜10時まで受け付けております。土曜日、祝日も往診しております。治療費は一回につき5500円になります。

●辰巳針灸院は、京都市にある在宅訪問専門の針灸院です。訪問範囲は、京都駅より自動車で片道40分程度の北区、右京区、左京区、西京区、上京区、中京区、下京区、東山区、南区、伏見区、山科区、宇治市、長岡京市、向日市、久世郡久御山町、滋賀県大津市(大津、西大津、膳所)です。施術費は、1回につき5500円です。辰巳針灸院の詳細と紹介動画はこちらです。健康保険取扱(要医師の同意)

交通事故が原因の腰痛に対する針灸施術には、自動車保険・自賠責保険の適用が可能です。自動車保険・自賠責保険が適用された場合の針灸施術費は保険会社持ちとなり、交通事故被害者様の負担金は原則として0円です。(例外あり)

交通事故に遭われたら、警察に人身事故として届け、病院で診断書の発行を受けてください。そして相手側の保険会社に電話を掛け「針灸施術を受けたい」と告げ、当院の名前「辰巳針灸院」、当院の電話番号「0120−498−706」、当院の住所「京都市下京区辰巳町761」を言ってください。それで、自動車保険を使って針灸施術を受けることを保険会社が了解します。折り返し、保険会社から当院に確認の電話が掛ってきます。それから後、自動車保険・自賠責保険適用の針灸施術が受けられます。病院に通院しながら自動車保険・自賠責保険適用の針灸施術が受けられます。

保険会社によって差はありますが、自動車保険の適用期間は、事故発生後3ヶ月から6ヶ月の間のようです。早めの針灸施術で交通事故による腰痛の改善を図りましょう。

※稀に、針灸施術を受けることに対して意見する保険会社もあるようですが、交通事故被害者・患者から申請があった場合、保険会社は速やかに交通事故被害者・患者の希望に沿うよう手続きを進めなければいけません。

 

ホーム 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記

 
 

電話 通話料無料 0120−498−706治療費 5500円(健康保険取扱*要医師の同意)

定休日 日曜日 受付時間 9:00〜22:00 往診範囲 京都駅より自動車で40分程度で通える範囲