在宅訪問治療辰巳針灸院
  当院詳細 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記 針灸Q&A リンク  
針灸の適応疾患は?

パーキンソン病

顔面神経麻痺
坐骨神経痛
腰痛
頭痛
膝痛
むちうち
 
 
プロフィール
院長の経歴
私の針灸に懸ける思いを動画でご覧下さい!
1971年、昭和46年京都市右京区太秦生まれ。
祖父が針灸師という家庭環境に生まれ、幼少の頃より東洋医学に接しておりました。常日頃から「慰安の針はだめだ。治せる針を身につけなさい。」と祖父に言い聞かされ育ち、自然と将来は針灸師になろうと思っていました。

嵯峨野高校卒業後に針灸師を志すも諸般の事情により北区にある立命館大学に入学、大学卒業後に団体職員として就職しました。しかし青春の夢断ち難く、再び針灸師を目指して東山区にある厚生労働省認定の京都佛眼鍼灸理療学校に入学しました。

在学中より整形外科、針灸整骨院で修行を積み、多くの痛みで悩む患者さんに接してきました。その中で特に考えていたのは、慢性的な痛みに対して現代医学は対処療法的な手段しか持たず、なかなか痛みの改善に結びつかないということでした。

この状態を針灸の力でなんとか解決できないものか、ということがその後の私の治療テーマになりました。

京都佛眼鍼灸理療学校卒業後、針灸師の国家試験に合格し厚生労働省が認定する針灸師国家資格を習得しました。

治療の経験を積む中で、生命エネルギーの不均衡こそが病気の原因でありそのバランスを元に戻すことが健康回復の根本であり、それを実現するのには針灸療法が最も適していることに確信を深めました。

そして、理想の治療を実現すべく京都の中心地、京都駅前に在宅訪問専門針灸院、辰巳針灸院本部センターを開院したのです。

東洋医学の道に入って10年、病気で苦しむ患者さんの心と体の不調を改善すること、多くの人々に針灸という痛みから解放される技を広めることを我が使命とし、毎日臨床の現場で患者さんの治療に当たっております。

厚労省認定針灸師国家資格保持者
社団法人日本針灸師会正会員
社団法人京都府針灸師会正会員

辰巳針灸院 院長 寺野哲也

 

ホーム 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記

 
 

電話 通話料無料 0120−498−706治療費 5500円(健康保険取扱*要医師の同意)

定休日 日曜日 受付時間 9:00〜22:00 往診範囲 京都駅より自動車で40分程度で通える範囲