在宅訪問治療辰巳針灸院
  当院詳細 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記 針灸Q&A リンク  
針灸の適応疾患は?

パーキンソン病

顔面神経麻痺
坐骨神経痛
腰痛
頭痛
膝痛
むちうち
 
 
むちうち
むちうちの悩みを針灸が解消!
初めまして、辰巳針灸院院長の寺野哲也です。あなたは今までどのくらいむち打ち症で悩んでこられたのでしょうか。むち打ち症の痛みにイライラする日々、倦怠感と無気力感に取りつかれて過ごす毎日。夜になるとむち打ち症の痛みで眠れず不安ばかりよぎり悪夢にうなされる日々。病院で出されるむち打ち症の痛み止めの薬もシップ薬も電気治療もむち打ち症に効果がありませんでした。

あなたは、むち打ち症に振り回され、今どうしたらいいのかわからずにいますね。そして、むち打ち症の悩みを解決するためにネットで情報を集め、このサイトにたどり着きました。あなたはこのサイトと出会うことでむち打ち症に立ち向かう新しい方法を知るでしょう。そしてこのサイトを読み終える頃には、あなたはむち打ち症で乱された心をリセットし、あなた自身の人生を好転させることになる重大な決意をするはずです。

むち打ち症(頚椎捻挫)は、自動車に乗っていて追突されるなどの交通事故が原因で引き起こされるものが大半を占めます。他に、ラグビーや格闘技などのスポーツによる接触事故もむち打ち症の原因の一つになります。

むち打ち症の痛みの原因は、交通事故やスポーツによる衝突や打撃の衝撃で、首の頚椎、椎間板、靭帯、筋肉などの軟部組織がゆり戻しの動作を強制され、これらの組織が過度に引き伸ばされ傷つくことにあります。首の軟部組織内には、多くの神経や血管も存在するために、これらの組織も合わせて傷つくことが多く、そのために、むち打ち症になると首の痛みだけでなく頭痛や吐き気、めまい、耳鳴りも伴うことがあります。

むち打ち症は病態から次の四種類に分類できます。
●頚部捻挫型
頚部の筋肉や靭帯が衝撃により損傷した場合のむち打ち症です。むち打ち症の中でも最も発生頻度が多くむち打ち症全体の70%を占めると言われています。主に、頚部の痛み、頚部の運動制限がむち打ち症として発現します。
●神経根症状型
むち打ち症により、頚椎の変形や頚椎と頚椎の間が狭くなり神経を圧迫されて起こるむち打ち症症状です。頚部の痛みの他に、後頭部の痛みや腕がしびれたり痛んだりするむち打ち症症状が出ます。
●バレ・リュウー症状型
むち打ち症により血行を支配する神経が損傷を受けたり、椎骨動脈が損傷を受けることで、目や耳に向かう血流が減少することでおこると考えられています。頚部の後ろの痛みをはじめめまい、耳鳴り、難聴、眼精疲労、目のかすみなどのむち打ち症症状が起こります。
●脳脊髄液減少症
むち打ち症により脊髄が損傷し、脳脊髄液が減少することで発現します。下半身のしびれや知覚障害、頭痛、吐き気、めまいと様々なむち打ち症症状を引き起こします。歩行障害を併発することもあります。

むち打ち改善には針灸が一番!

いずれのタイプのむち打ち症においてもむち打ち症の痛みの主な発生源は、筋肉にあります。首周囲の筋肉の緊張を緩めることがむち打ち症治療の第一歩となります。胸鎖乳突筋や斜角筋といった首を横から挟むようにして存在する筋肉がむち打ち症になると最初に引き伸ばされて痛み出します。まず、にここに針をして治療します。

次に、僧坊筋や菱形筋といった肩周囲の筋肉にも針を刺します。むち打ち症になると自覚賞状のある無しに関わらず必ず肩こり、肩の痛みを併発しています。ここの筋肉群の緊張を緩めておかないとむち打ち症の治りが遅れます。

痛みが長引くむち打ち症の中には、広頚筋や顎二腹筋といった顎周囲の筋肉に異常があることがあります。この周囲の筋肉も見落とさず、検査して異常があれば針を刺して筋肉の緊張を緩めます。

このようにしてむち打ち症で異常のある筋肉群を精査してピンポイントで針を刺していくことにより、首から肩周辺の筋肉の緊張を解かれ、頚椎にかかる負担も減少し靭帯や神経や血管も修復が早まり、むち打ち症は早期に改善する経過を辿るのです。

では、なぜ針をむち打ち症で異常の出ている筋肉に刺すことで筋肉の緊張が和らぐのでしょうか?筋肉の動きは、神経を伝わる電気信号の刺激によって収縮することによりコントロールされます。筋肉が外部からの衝撃を受け硬くなってしまうと、筋肉をコントロールする神経の電気信号が筋肉をコントロールしようとして過剰に発生し、硬くなっている筋肉をより収縮させるために痛みが発生するのです。

金属で出来ている針は、導電性があります。よって、針が痛みのある筋肉に刺入されると、神経を伝わる痛みの電気信号を針の方へ誘導します。その結果、痛みを体外へ逃がして痛みを遮断するという避雷針のような働きをするのです。

このような針の作用を利用して針灸治療では、むち打ち症により痛みの発生している筋肉に直接針を刺すことで、筋肉の緊張をほぐし血流不足からくる神経の圧迫や靭帯のきしみを取り除きむち打ち症の痛みを鎮静させるのです。多くのむち打ち症の針灸治療を受けられた方々は、「体が軽くなった。」「霧が晴れたように痛みが取れた。」「気分が爽快だ!」という報告をいただいています。

針灸施術に合わせてむち打ち症で痛めている首の筋肉に、テーピングを施します。テーピングには、筋肉を柔軟にする、筋肉の動きをサポートする、血行やリンパの流れを良くするといった効力があります。テーピング固定を行うことで、頭の重さから首が押圧されむち打ち症が再発するのを防ぎ、針灸施術後もその改善力を持続させます。

早めの針灸施術が早期改善の決めて

近年、むち打ち症が長期化する原因としてストレスなどの心理的な要因が言われるようになりました。むち打ち症が原因で、心に人間関係のわだかまりや不信感があるとむち打ち症は治癒しにくくなります。むち打ち症の針灸治療を受けられる前に、心を整理し迷いを無くすようにしましょう。むち打ち症でお困りのあなたからのお電話をお待ちしております。通話料無料0120−498−706までどうぞ!

●辰巳針灸院は、京都市にある在宅訪問専門の針灸院です。訪問範囲は、京都駅より自動車で40分程度の範囲です(応相談)。治療費は、1回につき5500円です。辰巳針灸院の詳細と紹介動画はこちらです。健康保険取扱(要医師の同意)

 


 

ホーム 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記

 
 

電話 通話料無料 0120−498−706治療費 5500円(健康保険取扱*要医師の同意)

定休日 日曜日 受付時間 9:00〜22:00 往診範囲 京都駅より自動車で40分程度で通える範囲