在宅訪問治療辰巳針灸院
  当院詳細 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記 針灸Q&A リンク  
針灸の適応疾患は?

パーキンソン病

顔面神経麻痺
坐骨神経痛
腰痛
頭痛
膝痛
むちうち
 
 
膝痛
膝痛の悩みを針灸が解消!
膝痛は、変形性膝関節症とも呼ばれます。膝痛になって病院に行ってもレントゲンを撮って、骨に異常が無ければ痛み止めの薬と痛む部分に電気やマッサージをしながら様子を見るという処置が一般的なものとなります。しかし、この処置が膝痛にあまり効果が出ないことは、あなた自身が一番よく知っておられるかもしれません。

●膝痛によって膝に水が溜まる理由
膝痛症状は、多岐にわたり、歩行時に痛む、正座するときに痛む、階段の上り下りの際に痛む、動きを開始したときに痛む、立ち上がろうとしたときに痛むことが多いようです。

また、膝痛になると膝に水が溜まりやすくなります。この水は「関節液」と呼ばれるもので、普段は関節と関節の間の潤滑を良くするためにごく少量存在します。しかし膝関節痛で炎症がひどくなると、炎症を抑えるためにこの関節液が大量に分泌され膝に溜まるのです。注射で関節液を抜いても再び関節液が溜まるのは、膝痛の原因である炎症が治まっていないからです。

そして、陸上競技者といった足を酷使する人もランナー膝という膝痛症状を引き起こしやすくなります。膝痛と合わせて脛部や足首付近が痛むシンスプリントや足裏の痛みも併発しやすくなります。

膝痛に針灸が適応する理由は?

●膝痛の原因
膝痛の大きな原因の一つは、膝周辺に付く筋肉が仕事やスポーツによる使い過ぎや加齢などで炎症を起こして硬縮してしまうことが挙げられます。

そして、膝痛の二つ目の原因として、腰痛が挙げられます。腰痛を庇うために姿勢が悪くなりその負担が膝に来て膝が悪くなるという道筋をたどることが多いのです。膝痛のある人の多くは、体を後ろ側に反らせると腰に痛みが出ます。また同じ理由で、股関節痛も併発している人が多いのです。そのために、膝痛は腰も含めた総合的な治療が必要とされます。

脚の使い過ぎや加齢などで膝周囲の筋肉が頻繁に収縮を繰り返す状態を放置すると、膝を中心とする脚の筋肉群の疲労が蓄積します。やがてそれは、炎症を起こし痛みを発生させます。痛みは、電気信号として神経内を伝わりやがて、筋肉を硬縮させ痛みを慢性化させます。

●膝痛で痛む筋肉
膝の内側が痛むのは、主に薄筋、大内転筋、内側広筋、縫工筋といった太ももの内側にある筋肉が硬縮しているためです。膝の外側が痛むのは、臀部にある中小臀筋と太ももの外側にある大腿筋膜張筋が硬縮しているためです。膝の皿周囲が痛むのは、膝の上に着く中間広筋と大腿直筋が硬縮しているためです。正座ができないのは、膝裏にある足底筋に硬縮があるためです。

膝痛になると、ふくらはぎにあるヒラメ筋や腓腹筋も同時に硬縮しアキレス腱も緊張するため、これらの筋肉に対するフォーローも怠ることはできません。また、膝痛全般に腰部のインナーマッスルである大腰筋の異常が関連しているケースが多いので、大腰筋へのアプローチも考慮する必要があります。

●膝痛を改善する針灸療法
金属で出来ている針は、導電性があります。よって、針が痛みのある筋肉に刺入されると、神経を伝わる痛みの電気信号を針の方へ誘導します。その結果、痛みを体外へ逃がして痛みを遮断するという避雷針のような働きをするのです。

このような針の作用を利用して針灸治療では、膝痛によって痛みの発生している膝周囲の筋肉に直接針を刺すことで筋肉の緊張を緩和し、膝痛を治します。同じように姿勢の悪さの原因になっている腰や臀部の筋肉に対しても針を刺し腰の筋肉の緊張を緩めて腰痛を治していきます。

●膝痛と骨格の歪み
膝痛のもう一つの原因として、膝周囲の骨格の歪みがあります。膝の下側には頚骨と腓骨があります。腓骨は、頚骨の外、親指側にあって足を支えているのですが、筋肉の硬縮などで圧迫を受けると、変形して下に向かって下がりだし足の外くるぶし辺りの関節にねじ込むようになり膝関節全体の変形をもたらします。この変形が歩行にも悪影響を与えて固定化しO脚の原因になります。針灸療法により膝周囲の筋肉を緩め頚骨と腓骨の骨格を調整します。

●膝痛とテーピング
必要に応じてキネシオテープによる膝痛のテーピングもいたします。キネシオテーピングには、膝痛に対して五つの改善力があります。

@キネシオテーピングによる温熱作用が膝痛の痛みを軽減します。
Aテーピングした部位の皮膚を引っ張り上げるために血液やリンパの流れを改善し、膝痛を緩和します。
B筋肉の走行に沿ったテーピングが、膝痛で弱った筋肉の機能をフォローし、正常な状態に戻す手助けをします。筋肉疲労、筋肉のコリ、筋肉の痙攣にもテーピングが威力を発揮します。
Cキネシオテーピングによる弾力性のある固定が、膝痛から来る関節のズレや歪みを矯正します。
Dキネシオテープを使い、皮膚を伸張させることで膝痛の原因である骨格の歪みを正常な位置へと誘導します。

合わせて円皮針と呼ばれる極小の針(0.3ミリ)を膝痛の痛点に貼り付け、針灸施術の改善力を持続、発展させます。

●膝痛と外反母趾
膝痛患者さんの多くは外反母趾も併発しています。外反母趾により、足の指に力が入らなくなり、足全体で体を支えられなくなります。また足のクッション機能も衰えます。その結果、地面から伝わる衝撃が膝に直接伝わり、膝痛の原因になるのです。

辰巳針灸院では、膝痛に付随する外反母趾に対して足指にテーピングを施し、足の骨格を正しい位置に矯正します。テーピングは温熱作用もあり足の冷えを緩和し、血液の流れを改善します。そして足底の筋肉に対して針灸施術を行うことで外反母趾の緊張を緩めます。また足指や足底に対するリハビリ運動も実施し足の筋肉や人体の柔軟性を高めます。これらの施術により外反母趾を改善し、膝痛の痛みを抑えることが期待できます。

●膝痛と手術痕跡の痛み
変形性膝関節症や変形性股関節症などの疾患で膝の手術をした後、その手術痕跡が皮膚の弾力性を失わせたり、皮膚を引っ張るために膝痛になることがあります。

針灸施術で皮膚の弾力性を回復させ、テーピングで弾力性を保存することで手術痕跡が原因の膝痛も改善させます。

●足首捻挫と針灸療法
俗に足首と呼ばれる足関節は、常に体重がかかり、また大きい可動性を持つことから頻繁に捻挫を起こしやすい構造といえます。足関節に限界を超える動きを強制すると、関節と関節を繋ぐ靭帯が伸びてしまい炎症を起こします。足首の捻挫は、通常治療では、治るまでに長期間かかります。無理をして足首を動かすと足首の捻挫癖がつきます。

針灸は足首捻挫改善にとても相性の良い療法です。針灸の刺激が、足首捻挫で炎症を起こしている患部の血流を改善し、炎症物質を速やかに流し去ります。そして、傷ついている足首の靭帯に対して修復を行う白血球を栄養豊富な血液とともに大量に送り込むのです。また、針灸は足首捻挫で硬縮を起こしている筋肉の緊張を和らげ、足首捻挫による痛みを鎮痛させます。針灸療法により足首捻挫治療にかかる時間が短縮されます。

足首捻挫には、足関節を固定するテーピングを行います。非伸縮性のホワイトテープを使い、足首捻挫で不安定になっている足関節部を固定することで、足首捻挫からの回復力を早めます。

足首捻挫に対しても円皮針と呼ばれる極小の針(0.3ミリ)を膝痛の痛点に貼り付け、足首捻挫改善に万全を期します。

今度はあなたが膝痛に悩みから解放される番です

このようにして、膝痛や 捻挫に対して筋肉と骨格という根本原因から治療していくので確実な効果が望めるのです。 あなたの膝痛や捻挫の症状に応じてこれらのツボの刺激量を加減して、あなた自身が持つ治癒能力を最大限に高めます。

針灸治療には副作用もありませし、依存性もありません。安心して膝痛の治療が受けられます。長期にわたる膝痛治療の行き詰まりを解決するには、新しい視点で膝痛に対応することが必要であるということは、すでにお気づきになられていると思います。他の誰でもない現実に膝痛症状で苦しむあなた自身の決断と行動が治療の第一歩なのです。過去は変えられません。しかし未来はあなたの選択と一つのきっかけで変わります。

膝痛の針灸治療を受けられる前によくご検討ください。膝痛を克服するために通話料無料рO120−498−706番まで、電話をお待ちしております。

●辰巳針灸院は、在宅訪問専門の針灸院です。訪問範囲は、京都駅より自動車で片道40分程度の北区、右京区、左京区、西京区、上京区、中京区、下京区、東山区、南区、伏見区、山科区、宇治市、長岡京市、向日市、滋賀県大津市(大津、西大津、膳所)です。施術費は、1回につき5500円です。辰巳針灸院の詳細と紹介動画はこちらです。健康保険取扱(要医師の同意)

 

ホーム 針灸治療とは 治療の流れ プロフィール 院長日記

 
 

電話 通話料無料 0120−498−706治療費 5500円(健康保険取扱*要医師の同意)

定休日 日曜日 受付時間 9:00〜22:00 往診範囲 京都駅より自動車で40分程度で通える範囲